« 2010年6月 | トップページ | 2016年1月 »

大貫妙子&坂本龍一 UTAU TOUR 2010

9月のキース・ジャレットはせっかくチケットを手に入れていたのに行かれなかったり、コンサート運のない昨今なのですが、これは大当たりでした。「大貫妙子&坂本龍一 UTAU TOUR 2010」。12月11日の東京国際フォーラムホールC公演に行ってきました。

大貫さんのコンサートに行くと、「ああ今年ももう終わりか」と思います。年末恒例のピュア・アコースティック・コンサートは昨年で一旦終了し、今年はエレクトリックに向かうと思っていたら、なんと坂本龍一さんとふたりだけのアルバム「UTAU」を発表し、そのツアーをされるとは。

今回の大貫さんは、最初から安定した発声で、最後までまったく崩れることがない完璧な出来映え。こんな大貫さんを聴くのは初めてです。気心知れた仲間との演奏とは違う、緊迫した空気がステージに漂う。曲間の坂本さんトークは別にして。

緊迫感はそれもそのはず。相手は「おお天才がピアノを弾いている」感あふれる演奏で、これはもうどうにもしようがありません。こんなことであったとは、今までの私のオーディオで聴き取ることができなかったのを恥じ入るばかりです。一度そうとわかってしまうと、次からはそう聴こえてしまうので、これももうどうにもしようがありませんが。

「Flower」という曲でのアブストラクトな伴奏は、弾き終わるやいなや「すみませーん。勝手に弾いてしまいました(坂本)」「日に日に凄いことになってますね(大貫)」のやりとり。ほぼ不動で歌う大貫さんが、この曲だけは手でテンポを取っていたほどの、超絶した歌伴でした。このコンサートは1回だけでなく、可能な限り追っかけるべきものであったと、今さらながら思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JBL4365を導入

JBL4365を導入しました。

3週間前に届いたとき、家族の反応はまず「デカイ」でしたが、音を聴かせると皆納得。たゆまぬ教育の甲斐あってか、だいぶ音をわかるようになってきたようだ。(笑)

Jbl4365_2

従来のJBLスタジオモニターは、サイズは大きくても置き方はユーザー任せのブックシェルフ型でしたが、4365は底板の響きをコントロールしてスパイクを付けたフロア型。そのおかげもあってか、Kharmaを鳴らし始めたときのように「うわ。なんだこの音」というようなことはなく、最初からバランスの取れた音で鳴ってくれました。

とは言え最初はやはり固さがあるので、PADのシステムエンハンサーをかけてみると、1回でずいぶん柔らかい表情を出せるようになりました。利きがよ過ぎるので、1回だけにしておこうと思ったほど。

その後はひたすら好きな音楽をかけて、今日に至っております。心に直接響くような、浸透力のある音を楽しんでいます。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2016年1月 »