« コンサートに行ったり行かれなかったり | トップページ | 今年最後のコンサート »

グッときたぜよ!その2

「歌姫」ついに最終回でした。ずうっと号泣しつつ観ていたので、今日は目が腫れていて奥さんに笑われてしまいました。録画を今日も何回か観ては泣いていたので、今はさらに腫れております。(笑)

脚本も役者さん達みんなも見事でありましたが、主演の長瀬智也さんの演技があってこそ、この作品を特別なものにしているのだと思いました。長瀬さん曰く「四万十太郎という役を演じるにあたって伝えたいことは、男とは常に太郎のような男でいて欲しいっていうこと」だそうですが、まっことその通りぜよ。

 

29日の音楽喫茶でドン・マクリーンの「アメリカン・パイ」をかけたいと思い、僕がこの曲を知った萩尾望都の「アメリカン・パイ」を読み返しました。この作品では、この曲「アメリカン・パイ」は病に冒された少女リューが歌う絶望の歌です。この作品はリューの魂の喪失と再生の物語であるわけですが、そのリューのために、もう一人の主人公グラン・パが歌う詩にグッときましたのでご紹介。以下は萩尾望都さんの作品からの引用です。

 

古い古い歌が
だれがつくったのかわからないくらい古い歌が
それをつくった人のことも 歌った人のことも すべて忘れさられ消えさっても
その歌は残っているように
幾世代過ぎても 想いはともに時をこえ 歌いつがれ歌いつがれて
そこに残っているように
そんなふうに 命の消えぬ限り 時の消えぬ限り
いや もし なにもかもが失われ消えても
果てぬ闇の底に想いだけは残るのだ
時の流れに 星ぼしの輝きの下に また幾千の命の中を
どこまでもどこまでもかけてゆくのだおまえの
想いは

 

萩尾さんの「アメリカン・パイ」は1976年に発表されています。「ポーの一族」が1972~76年、「トーマの心臓」が1974年、「百億の昼と千億の夜」が1977~78年。萩尾さんの第一次全盛期の作品のひとつですね。この方、今でも第一線で活躍している、才能の枯渇ということを知らない恐るべき方であります。

|

« コンサートに行ったり行かれなかったり | トップページ | 今年最後のコンサート »

コメント

「アメリカン・パイ」、再読します!

投稿: なかだ | 2007年12月23日 (日) 11時11分

なかださん、どうもです。
リュシェンヌに涙してください。

投稿: 任三郎 | 2007年12月23日 (日) 22時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グッときたぜよ!その2:

« コンサートに行ったり行かれなかったり | トップページ | 今年最後のコンサート »