« いい「音楽」を聴かせていただく | トップページ | 2007東京インターナショナルオーディオショー »

エグベルト・ジスモンチ来日!

EGBERTO GISMONTI が16年ぶりの来日ということで、8月20日の公演に行ってきました。ソロコンサートです。

070820gismonti1

会場は晴海トリトンスクエアの第一生命ホール。「出演者が出てくるまではよい」とのことで、セッティングを撮ってきました。ギターは右側のイス。足台を使っていますね。イスの向かって右側に見えるのはギタースタンドです。ナイロンの10弦ギターと、スティールの12弦ギターを使用。

070820gismonti2

小さく感じましたが、767席あるというホール。紀尾井ホール(800席)クラスですね。なぜかスタッフの方の数が多かったです。会場では渡辺香津美氏の姿を拝見。

まずはギターソロから開始。右手のハーモニクス、左手のハンマリングを同時進行するなど、多彩な奏法です。

ピロリピリピレリリ♪ っとか小気味よいフレーズが随所に現れる。

奏法にディペンドした曲作りが耳につかないでもないですが、完成度に文句のつけようがない曲ばかりなので、ぐいぐいと引き込まれます。

休憩後はピアノ。こちらはとにもかくにも美しい。

静粛に耳を傾ける日本の聴衆にジョアン・ジルベルトが喜んだと言いますが、ジスモンチも「どうしても言いたいので」とマイクに向かい、感謝を示されていました。ポピュラーであることに意義があるブラジル音楽界よりも、日本の方がジスモンチの音楽を受け入れる土壌があるのかも知れません。

|

« いい「音楽」を聴かせていただく | トップページ | 2007東京インターナショナルオーディオショー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エグベルト・ジスモンチ来日!:

« いい「音楽」を聴かせていただく | トップページ | 2007東京インターナショナルオーディオショー »