« 活動メモ | トップページ | 中村 中 Live 「天までとどけ」 at SHINJUKU FACE »

Keith Jarrett/Gary Peacok/Jack DeJohnette JAPAN TOUR 2007

キース・ジャレット、ゲイリー・ピーコック、ジャック・ディジョネットの来日公演は、5月8日、東京文化会館に行きました。

キースの演奏は汲めども尽きせぬイマジネーションの泉。

ゲイリー・ピーコックは正確なベース。そして桁が違う。普通の奏者が1mmの正確さであれば、その1000倍、μm(マイクロメートル)のレベルで指を制御しているように聴こえる。世界最高のベースとはこういうことか。アンコールの頃にはそれが失われてくることからも、特別な精神状態によって実現されていることが想像される。

このトリオはピアノとベースの二人がフロントだ。

ディジョネットは二人のサポートに徹している。なんという贅沢。

セットリストは鯉沼ミュージックのサイトから引用です。忘れられないコンサートになりそうだ。

1st Set:
1) On Green Dolphin Street
2) Doxy
3) 不明(Slow Ballad)
4) Joy Spring
5) Bouncing with Bud
6) Basin Street Blues

2nd Set:
1) It's All Right with Me
2) A Raggy Waltz
3) I Should Care
4) Ballad of the Sad Young Men

Encore:
1) God Bless the Child
2) When I Fall in Love

Keithjarrett_1

|

« 活動メモ | トップページ | 中村 中 Live 「天までとどけ」 at SHINJUKU FACE »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Keith Jarrett/Gary Peacok/Jack DeJohnette JAPAN TOUR 2007:

« 活動メモ | トップページ | 中村 中 Live 「天までとどけ」 at SHINJUKU FACE »