« 求道者 | トップページ | Boucles d'oreilles Tour 2007 »

There's nothing you can find that cannot be found.

中村中が出演するというので、ミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」を観に行く。

「アングリーインチ」は、性転換手術の失敗でヘドウィグに残された1インチの突起。そしてバンドの名前。

映画ではStephen Trask による音楽、John Cameron Mitchell の演技が素晴らしい。「ヘドウィグの嘆き」で、切り刻まれた自分のかけらを持っていったと歌われるのはヘドウィグの母親と、夫であったルーサー、そしてロックスターのトミーの3人。この3人との関係はだから比較的分かりやすい。そこに含まれない、今の夫のイツァーク(イツハク)との関係はミステリアスだ。イツァークは性別のあり方がヘドウィグと逆で、でも望んでそうなっているのではないところは同じ。そしてこれは舞台の頃から役者が Miriam Shor であったためにできた設定ではないかと思っているのだけれど、ヘドウィグよりすぐれたヴォーカリストであるというのが、この物語の他のさまざまな設定にもまして悲しいところだ。大事な何かを捨てなくても、ベルリンの壁は壊されて自由が得られるようになるなどということより悲しい。それは少なくとも、自分の行動の結果だ。演技にそれほど長けているとは思えない Miriam Shor が映画でも起用されているのは、イツァークのヴォーカルはこの人でなければならないからだろう。

今回の日本での公演はヘドウィグに山本耕史、イツァークに中村中。新宿FACEで2月21日と3月3日、そして地方公演後のツアーファイナルを4月7日の東京厚生年金会館で観た。舞台に上るのはこの2人とバンドだけなので、中村中はイツァークの他、ヘドウィグの母親とルーサーと昔のトミーの四役を演じる。トミー役でアコースティックギターを弾きながら、ほんの一節を歌う「オールウェイズ・ラヴ・ユー」に思わずのけぞる。これだと、トミーの方がヘドウィグより才能があることになってしまわないかと思いながらも、圧倒的な歌唱力に陶然としてしまう。きっと天空には空気しかないのだろうけれど、この人には音楽の女神がついているので、これは仕方のないことなのです。

Hedwig_1

|

« 求道者 | トップページ | Boucles d'oreilles Tour 2007 »

コメント

ヘドウィグアンドアングリーインチの楽曲がカラオケに入ることを望んでやみません。全部じゃくなくてもいい、5曲ぐらいでいいかな。

投稿: おろち | 2007年4月30日 (月) 14時34分

おろちさん、どうもです。

"Wig in a Box" でウォームアップ後、"Hedwig's Lament" "Exquisite Corpse" "Wicked Little Town(Reprise)" "Midnight Radio" を一気にいって、もちろん Midnight Radio では Lift up hands して燃え尽きて帰る……。というのをやってみたいですね。(笑)

投稿: 任三郎 | 2007年5月 1日 (火) 00時22分

おー、なかなかのプレイリストじゃなくて、カラオケリストですね。"Hedwig's Lament" "Exquisite Corpse" のところを初めて映画で見たときは血がたぎりましたね。もしも自分が5人いたら一人はロッカーにさせたい。
割と地味な曲、映画の中ではちょろっとしか歌われないLong Griftとか、オリジナルキャスト盤には入ってないFreaksがまた良いのです。

投稿: おろち | 2007年5月 1日 (火) 12時42分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: There's nothing you can find that cannot be found.:

« 求道者 | トップページ | Boucles d'oreilles Tour 2007 »