« 音楽の秋 | トップページ | その後の音楽の秋 »

コンピュータ・オーディオ?

ラシーの静かなハードディスクは容量300GB。圧縮なしのAIFF(アイフ)フォーマットでCDを160GBくらいコピーして、ランダムサーチで聴いている。LPやSACDはそのままではコピーできないので、「CDってなんて便利なんだ」などと思う。コピーしているのは今のところほとんど歌モノだけだけど、そのうちジャンルを広げるかも知れない。

わざわざCDをプレーヤーにかけてまで聴こうと思わない曲も、こうしていると自然に聴くことになる。これまで聴いてきた音楽を振り返るにはよい方法だ。懐かしい曲もあるし、記憶になく新鮮に聴ける曲もある。

聴いた曲名はmixiにアップロードされる。
「この曲なんだっけ?」と思ったときは、リスニングポイントからPCトランスポートまで見に行かなくても、目の前にある別のPCを見ればよい。わずか数メートル先の、自分の部屋にあるPCトランスポートが演奏している曲名を、インターネット経由で、NTTフレッツやらNIFTYやらmixiやら、その間の通信経路やらを経由して見ているわけだ。

2006年に普通の家庭でそんなことをしているとは、サイエンスフィクションですら予想していなかったことだ。
マイクロコンピュータと通信の進歩は、誰も考えていなかったところまで僕たちを連れてきている。ソフトウェアの進歩は予測より遅いのだけれど(ソフトウェアの難しさを十分には認識していなかったからだ)、ハードウェアの進歩と「大勢の参加」による相乗効果は予測を越えていた。

CD、あるいはSACDのクオリティでネットから音楽をダウンロードできるようになれば、ディスクのように物理的な形態をもったパッケージソフトは要らなくなるかも知れない。そのときは日本盤や輸入盤の区別もなくなるのだろうか。それともダウンロードできる単位は今のアルバムやシングルCDと同じようにパッケージになっていて、日本のサイトだと値段が高い代わりにボーナストラックや歌詞データが付いていたりするのだろうか。

128kbpsでしか音楽が供給されなくなるような未来なら要らないけど、そんなことはないだろうと楽観している。よい音で音楽を聴けないと生きていけない人間はたくさんおり、それはネット時代になっても変わらないのだ。いや、たぶん。(笑)

|

« 音楽の秋 | トップページ | その後の音楽の秋 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータ・オーディオ?:

« 音楽の秋 | トップページ | その後の音楽の秋 »