« イングリット・へブラー来日中止 | トップページ | 納期延期 »

グレープラストコンサート

1976年3月から4月にかけて行われたグレープのラストコンサートツアー、3月26日の神田共立講堂はFM東京が収録して放送しています。中学生だった僕はそれをラジカセで録音していました。

カセットテープというのは両面120分になるとテープが薄くて音も悪いし耐久性も劣るので、90分までが好ましいとされてまして、この日僕は新品の90分テープを2本用意して放送時間を待っていたのでした。

両面で90分ですから45分に1回テープを裏返したり、次のテープに掛け替えたりしなければなりません。今、テレビ番組を録画するときみたいに、Gコード予約しておけばあとは機械にお任せ、という訳にはいきません。ラジカセの前でずっと緊張してテープの残りが減っていくの見ていなければなりません。

ところがその晩、僕はなぜかすごく眠くて、放送を聞きながらだんだんもうろうとしてきました。

寝てはダメだ……寝てはダメだ……寝てはだめ……。

”ガチャ”という音がしてテープが終わり、僕はあわててテープを裏返しました。

寝てはダメだ……寝てはダメだ……寝てはだめ……。

”ガチャ”という音がしてテープが終わり、僕はあわててテープを裏返しました。

寝てはダメだ……寝てはダメだ……寝てはだめ……。

”ガチャ”という音がしてテープが終わり、僕はあわててテープを裏返し……。

ぐわあっ! 何やってんだ!!

……そうなのです。僕はおなじテープを裏返して、最初の45分を上書きしてしまっていたのでした。このときの悲しい気持ちは、今でも思い出すことができるくらいです。

Grape

さて、ついに出たのですよ、そのCDが。30年ぶりに。

当時、「追伸」のサビはさださんのキーで歌えなかったような気がするのですが、今は全然余裕なのが不思議。カラオケで鍛えたせいかしら。ソロ第一作に収録される「童話作家」はこの放送で初めて聴いて好きになった。カセットは何度も聞いたから、トークはほとんど覚えている。僕が勝手にさださんの最高傑作だと思っている「フレディもしくは三教街」は、ここでの演奏が最高だって前に書いたけど、どの曲の演奏も本当に素晴らしい。そして楽曲のよさに、さだまさしという人の才能をあらためて思います。早熟の天才だったんだなあ、この人は。

|

« イングリット・へブラー来日中止 | トップページ | 納期延期 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グレープラストコンサート:

« イングリット・へブラー来日中止 | トップページ | 納期延期 »