« ガンダム展 | トップページ | 今年のオーディオ »

大貫妙子 ピュア・アコースティック・クリスマス 2005

このコンサートに行くと、「今年もあと少しか」と思います。大貫妙子さんの ”Pure Acoustic Christmas”

 

2002年に再開後、今年で連続4年目になるこのコンサートは、フェビアン・レザ・パネさんのピアノ、吉野弘志さんのベース、そして金子飛鳥カルテットの弦という「バンド」での演奏。僕は4年間皆勤賞です。(笑)

今回は最前列の席だったこともあり、いつもよりダイレクトに大貫さんの歌が心に届いてくるような気がしました。パネさんのピアノもいつにもまして美しい。本当に優れた音楽は、聴いているうちに体中の血が浄化されるような感覚に満たされますが、今日はまさにそうでした。

 

そしてですね!

 

偶然とのことですが、11月28日は大貫さんのお誕生日なのです。そして、このコンサートには伝統的に「大貫さんにプレゼントを手渡しするコーナー」があるのです。

 

これは、いくしかない

 

これまで3年間、シャイな僕にはとてもではありませぬが「プレゼント手渡し」なんてできませんでしたが、

 

誕生日

 

となればこれはもう、なにも持っていかない方が失礼です。絶対。


数千人が全員、なんか持ってきても困るかも知れませんが、その時はその時だと。

 

さてコンサートもアンコールに入り、最後の曲「美しい人よ」が終わると、バンドが「ハッピー・バースデイ」を演奏し始めます。

 

来た!

 

プレゼントコーナーです。

しかしここで焦ってはいけない。

僕は初心者ですから、最初の一人になるのは避けるわけです。(笑)
タイミングをよく見ないとね。

 

行きました! 最初の一人。女性の方です。大貫さん、その人からプレゼントを受け取られます。

さて、ここでおもむろに動くと。

でもなにしろ僕は「最前列」ですから、「2番目」になるわけです。

 

大貫さんに花束をお渡しします。

大貫さんをイメージして用意した「エドガーが食べてしまいそうな赤いバラの花束」です。誕生日ですから大きめです。(ははは)

 

僕「おめでとうございます」

 

大貫さん「ありがとう」

 

ですよ!

 

で、

 

握手!

 

ですよ!!!

 

この時点で完全に舞い上がっております。

 

次の方に場所を譲って、席に戻る。

なにかこう、大きなことを成し遂げたかのような満足感に満たされ、

 

ふう

 

と下を向く。

 

ところがこの時、信じられないことが起きていたわけです。

 

次にステージを見上げる時、他の方達のプレゼントを受け取る大貫さんの姿を、当然予想しているわけです。

しかし僕の目に映ったのは、

 

僕のお渡しした花束を持ったまま観客に手を振り続ける大貫さん

 

でした。

 

曲が終わるまで。

 

いや、これはその、

 

その花束を気に入っていただけた

 

ということではあるまいかと。

 

まあ曲の流れている間、どうふるまおうかということとの、タイミングの問題、とも言えますが、

 

これはもう

 

気に入っていただいたのだ

 

と僕としては思うことにしました。(爆)

 

結論はこういうことです。

 

大貫さんの歌う姿を近くに見て、そして間近で言葉を交わして、握手までしていただいた結果として、すべての謎の鎖が大きな音を立てて繋がりました。

 

僕は理解したのです。

 

大貫さんは妖精なのだということを。

 

|

« ガンダム展 | トップページ | 今年のオーディオ »

コメント

よかったですね。

投稿: zaki | 2005年11月29日 (火) 20時25分

zakiさん、ありがとうございます。

大貫さんの正体も見破りましたし(笑)、
zakiさんのおかげで菅野先生の音もきかせていただけましたし、
今年はとても充実した年でした。

投稿: 任三郎 | 2005年11月30日 (水) 21時32分

お久しぶりです。
非常に臨場感のある書き方に感心しました。
相変わらず任三郎さんの文章はいいですねえ。
お父様のことを綴ったものもそうですが
・・・遅ればせながら、お悔やみ申し上げます。
淡々とした中に、優しさとか安らぎを感じます。
こういう文章を書けるようになりたいです。
・・・まぁ無理でしょうかねえ。

投稿: machinist | 2005年12月 2日 (金) 20時37分

machinistさん、ありがとうございます。

何をおっしゃいます。(笑)

幻聴日記、いつも楽しみに拝見させていただいております。

投稿: 任三郎 | 2005年12月 3日 (土) 22時09分

良かったですねー。
私もいつもアトラクシオンを聴いたりしています、とても想像力のある曲とシンプルなヴォーカルこれが良く鳴ったら幸せだと思いますね。

先日、セッティングをいじった後に「それとも」を聴いたら以前より少し良くなっていて任三郎さんと同じくhappyな気分でした。

投稿: kuni-tateyama | 2005年12月 5日 (月) 20時01分

kuni-tateyamaさん、コメントありがとうございます。

そうですか。朝は「ごはん」ですか。(笑)

さっそく子供に食べさせます。

投稿: 任三郎 | 2005年12月 8日 (木) 07時08分

はじめまして。

偶然、こちらのブログにたどり着きました。

大貫妙子は私も大好きです。
歳がばれますが、シュガーベイブの頃から。(笑)
聴いていると空気が浄化されるような感じがします。

よさそうなコンサートですね・・・
来年はかみさん誘って行こうかな。


これから、時々お邪魔させていただきます。

ちなみに、ティールのSPと格闘中のオーディオ好きでもあります。(^^)

投稿: ゴーヤ | 2005年12月25日 (日) 14時25分

ゴーヤさん、コメントありがとうございます。

お勧めですよー、ピュア・アコースティック・クリスマス!

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 任三郎 | 2005年12月25日 (日) 22時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大貫妙子 ピュア・アコースティック・クリスマス 2005:

« ガンダム展 | トップページ | 今年のオーディオ »