« VIOLA SPILITO | トップページ | 2005東京インターナショナルオーディオショー »

夢の恋人

「花の中三トリオ」のお姉さんたちの中では(当時僕らは小学生)、桜田淳子が好きでした。(笑)

 

山口百恵は、清純な小学生には

「しょうがないなあ。このトシ頃の連中はこれだから」

と思わざるを得ない歌詞のせいで、印象がよくありませんでした。

 

人気が出てくるのを見て

「大人はこういうのにだまされるわけか。バカだな」

なんて思うわけですね。

第二次性徴期前、人間は一旦完成を迎えるというのは、あながち間違いではありません。

 

まあしかし、そんな僕も、

 

羽のような綺麗な指で
私を招いてる
夢の中で逢えるあのひと
誰かに似ているけれど

 

という歌には惹かれるものがありました。

 

これは、山口百恵のラジオ番組のエンディングテーマ。僕は百恵さんの番組を聞いていたわけではなくて、その次の番組を聞くために早めにラジオを点けて、この曲をきいたのだと思われます。少しだけ聞けた百恵さんの落ち着いた語り口も意外で、よかった。

yamaguchimomoe

先日カゲトラさんに山口百恵のシングルを何曲かきかせていただいているうちに、急にこの曲を思い出し、以来あたまから離れなくなりました。タイトルを知らなかったので見つからないかと思ったけどインターネットはえらい! 歌詞でひとつだけサイトが見つかり、曲名は「夢の恋人」だとわかり、収録アルバムの「百恵の季節」を手に入れました。

昨年復刻されたもののようですが、SACDハイブリッドです。やるなあ、ソニー。(笑)

 

見つけたサイトは投稿記事のような感じだったので、いずれ無くなってしまうといけないから、この記事を書いておくことにしました。僕と同じように歌詞だけ覚えていて探す人がいるかも知れないから。いないかも知れないけど。

ちなみに番組の名前は「もももも30分」だったようです。やっぱりしょうがないなあ。

|

« VIOLA SPILITO | トップページ | 2005東京インターナショナルオーディオショー »

コメント

山口百恵の初期の頃の曲だったんですね!
>「大人はこういうのにだまされるわけか。バカだな」…
なるほど…任三郎さんも大人になったからだまされたのかも…バカだな…(笑い)
私は子供の時にだまされましたからもっとバカです(爆)
>ちなみに番組の名前は「もももも30分」だったようです
う~んいいタイトルだぁ(笑い)
百恵ちゃん大ファンだった友達の話だとけっこうアルバムに
はいっている曲で名曲も多いそうですよ!
機会があれば聴いてみて下さい!
私はこの前友達が持参したWinkと10ccを聴いてまた聴いてみたくなりました(笑い)

投稿: カゲトラ | 2005年10月 2日 (日) 17時41分

カゲトラさん、コメントありがとうございます。

やっぱり、カゲトラさんのように子供の頃からきちんと経験を積んでおかないといけませんね。まあ、だまされるのも楽しいものです。(笑)

投稿: 任三郎 | 2005年10月 2日 (日) 19時02分

始めまして、アルバムの名曲オレンジブロッサムブルースも聴いてみて下さい。(アルバム:パールカラーにゆれて)

投稿: HY | 2005年10月 6日 (木) 22時59分

HYさん、コメントありがとうございます。

「赤い衝撃」が入っているアルバムですね。

♪愛は人と人をむーすぶー……鍵♪

懐かしいなあ。(笑)

投稿: 任三郎 | 2005年10月 7日 (金) 06時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢の恋人:

« VIOLA SPILITO | トップページ | 2005東京インターナショナルオーディオショー »