« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

黒コショウ

pasta_alle_Vongole

今日はボンゴレ。

まーしかし、こうやって毎週のように料理をしていますが、僕の料理知識なんてたいしたことはありません。

 

「チューボーですよ」に松坂大輔二世を身ごもった柴田倫世さんが出たときのこと。

とってもおいしそうに食べていたのに、なんで「星二つ」なの? といぶかる堺正章さんに、

 

もっと黒コショウが欲しかったですね。妊婦だから味が濃いのがいいみたいで。

 

のご回答。

 

……コショウって味の濃さに関係あんの???

と思った僕は、さっそく試してみましたが、いやたしかにおっしゃるとおり。

 

コショウ→香りを付けるもの→味そのものとは関係ない

という思いこみがあったわけですね。考えてみれば、食感でも味の感じ方が変わるのだから、コショウで変わったって何の不思議もない。勉強になりました。つうか、今まで気づかなかった方が、どういう舌してんだ?ということかも。(笑)

 

ところで、ここでの堺さんのリアクションもよかった。

 

そんなときに来ないでくださいよ!

 

さすがです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョルディ・サヴァール、キース・ジャレット

最近行ったコンサート。

JORDI SAVALL のヴィオール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)を、彼から4mくらいの至近距離できいてきました!

SAVALLさんはかっこよかったです。

ヴィオールの他、フィドルを同じ形で演奏されていましたが(抱えるのではなく、ボトムが足の方に来るように)、その速弾きの凄いこと。思わず出た拍手に、笑った姿は絶品でしたよ。

もうひとつ。

KEITH JARRETT のソロ・コンサートに行ってきました。

今回は、もの音ひとつ立てないように聴かないと気嫌わるくなっちゃうようですので、これから行く方はお気をつけて!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005東京インターナショナルオーディオショー

2005ias_entrance

昨日行ってきました。

金曜日なのにかなり人が多かったです。オーディオ復興のきざし?

2005ias_sugawara1

ベイシーの菅原正二さんです。偉大な先人のお話をきけるのがオーディーショーの素晴らしいところです。

なんと今日は菅野先生と菅原さんの対談があるとのこと。行きたかったなあ。

2005ias_ortofon

オルトフォンのブースです。前園社長が「自分のスピーカーを持ち込む」という荒技に出ておられました。おかげでご機嫌なジャズが楽しめました。いいなあ、075。

先週1個だけ届いたという新しいカートリッジをお披露目されていましたが、かなりよさそう。買いかも。

今回のショーではここと、ソナスのストラディヴァリ・オマージュ、ジャーマン・フィジクスのDDDユニット、ATCのSCM100Tslがいい感じに鳴っていると思いました。

2005ias_atarashi

オルトフォンブースでの新忠篤さん。SP盤の紹介をされていました。ちょっと驚くほど新鮮な響き。新さんが新しく作られたSP用フォノイコライザーの力が大きいようです。

2005ias_atc1

こちらはATC SCM100Tsl。美しい……。

2005ias_atc2

2005ias_mclntosh

マッキントッシュの新しいスピーカー。詳細不明(笑)。威容に驚く。

XRTシリーズの最終形、というところでしょうか。

2005ias_yukimu

ユキムさんです。相変わらずおしゃれです。音もいい。

2005ias_verity1

VERITY AUDIO の Lohengrin。下は背面の写真。

2005ias_verity2

おまけ。JBLに不思議な形のスピーカーが。

2005ias_jbl

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夢の恋人

「花の中三トリオ」のお姉さんたちの中では(当時僕らは小学生)、桜田淳子が好きでした。(笑)

 

山口百恵は、清純な小学生には

「しょうがないなあ。このトシ頃の連中はこれだから」

と思わざるを得ない歌詞のせいで、印象がよくありませんでした。

 

人気が出てくるのを見て

「大人はこういうのにだまされるわけか。バカだな」

なんて思うわけですね。

第二次性徴期前、人間は一旦完成を迎えるというのは、あながち間違いではありません。

 

まあしかし、そんな僕も、

 

羽のような綺麗な指で
私を招いてる
夢の中で逢えるあのひと
誰かに似ているけれど

 

という歌には惹かれるものがありました。

 

これは、山口百恵のラジオ番組のエンディングテーマ。僕は百恵さんの番組を聞いていたわけではなくて、その次の番組を聞くために早めにラジオを点けて、この曲をきいたのだと思われます。少しだけ聞けた百恵さんの落ち着いた語り口も意外で、よかった。

yamaguchimomoe

先日カゲトラさんに山口百恵のシングルを何曲かきかせていただいているうちに、急にこの曲を思い出し、以来あたまから離れなくなりました。タイトルを知らなかったので見つからないかと思ったけどインターネットはえらい! 歌詞でひとつだけサイトが見つかり、曲名は「夢の恋人」だとわかり、収録アルバムの「百恵の季節」を手に入れました。

昨年復刻されたもののようですが、SACDハイブリッドです。やるなあ、ソニー。(笑)

 

見つけたサイトは投稿記事のような感じだったので、いずれ無くなってしまうといけないから、この記事を書いておくことにしました。僕と同じように歌詞だけ覚えていて探す人がいるかも知れないから。いないかも知れないけど。

ちなみに番組の名前は「もももも30分」だったようです。やっぱりしょうがないなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »