« 幸せな休日 | トップページ | 夢の恋人 »

VIOLA SPILITO

このお部屋の写真は、あちこちのサイトに出ているのでご存じですね。

そう、カゲトラさんのお部屋です。

スピーカーはJBL S9800、パワーアンプはVIOLAのBRAVO。

KAGETORA0509

 

で、こちらが最近導入されたプリアンプ VIOLA SPILITO。

奥行きが50cm以上あって、電源部が独立しているという、大型パワ-アンプのようなプリアンプです。

SPIRITO

 

 

僕はこの前日に用事があって小田急線の経堂に行ってきました。駅前は意外とこじんまりしていましたが、通りを一本入ったところに中古レコード屋さんを発見。さすが都会だ、などと思いながら箱に入ったレコードを物色していると、とってもファンキーな格好をした店主のおじさんが、客のおにいさんに古いCDを紹介しているのが耳に入りました。

 

「これこれ。凄いんだよこのCD。ほら、若い頃のロバート・パーマーが参加してるんだよ。知ってる?ロバート・パーマー?」

「えーと、知りません」

「あ、そう。それでさ、この曲。ほら」

(と言って曲をかける)

「ほら。やばいぜコレ

「……」

「次これね」

(と言って曲をとばす)

「ほらほら。うわー。やばいよコレやばい

「………」

「これもさ」

(曲とばす)

「これ、オレはレコードで持ってるんだけどさ。もうこのレコード高くて手出ないよ。CDもなかなか見かけないんだよね。ほらほら。すげー。 やばいコレコレやばいよ

「…………また来ます」

 

客のおにいさんは好みが合わなかったようですが、たしかにいい演奏でした。黒っぽくて。

 

 

さて、カゲトラさんのところできくマドンナは以前から最高なのですが、今回きかせていただいたのはそれをさらに上回る出来で、一緒に行ったcruel氏と僕は、

やばいよコレ

と、ファンキー店主さんと化すしかありませんでした。

それだけではありません。

シャネット・リンドストレムのFeathers、ピアノだけをバックにしたあの繊細な歌声が、

やばいよコレやばい

……思わず震えるほどの冷たい静謐感。

 

 

まだ導入直後ですから、JBLとVIOLAが個性を主張しあってるようなところもありますが、現時点でも既にただごとではない状況。カゲトラさんのことですから、いずれ両者を仲良くさせてしまうことでしょう。そのときの音はいったいどんなことになっちゃうんだろう。

 

|

« 幸せな休日 | トップページ | 夢の恋人 »

コメント

任三郎さん先日はお疲れ様でした。
昨日はアナログも常時聴けるようにとCD12のバランス接続の
試聴をしておりました。RCA入力1系統ですし、新たにイン
プットモジュールを増設するとなると80万もするので(爆)
今回も残念ながらアナログをお聴かせすることができませんで
したので、次回はぜひマドンナのアナログバージョン(もちろんあ
の曲で)を聴いてみて下さい。
あっ!それと映像(任三郎さん大好きなホラー系中心に)も(笑い)

任三郎さんご指摘の繊細な表現がでるよう頑張ってみます。
それではまた。

投稿: カゲトラ | 2005年9月26日 (月) 22時35分

カゲトラさん、コメントありがとうございます。

ホホホ…ホラーはどうぞご勘弁を!

投稿: マイヤヒー任三郎 | 2005年9月26日 (月) 23時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VIOLA SPILITO:

« 幸せな休日 | トップページ | 夢の恋人 »