グッときたぜよ!その2

「歌姫」ついに最終回でした。ずうっと号泣しつつ観ていたので、今日は目が腫れていて奥さんに笑われてしまいました。録画を今日も何回か観ては泣いていたので、今はさらに腫れております。(笑)

脚本も役者さん達みんなも見事でありましたが、主演の長瀬智也さんの演技があってこそ、この作品を特別なものにしているのだと思いました。長瀬さん曰く「四万十太郎という役を演じるにあたって伝えたいことは、男とは常に太郎のような男でいて欲しいっていうこと」だそうですが、まっことその通りぜよ。

 

29日の音楽喫茶でドン・マクリーンの「アメリカン・パイ」をかけたいと思い、僕がこの曲を知った萩尾望都の「アメリカン・パイ」を読み返しました。この作品では、この曲「アメリカン・パイ」は病に冒された少女リューが歌う絶望の歌です。この作品はリューの魂の喪失と再生の物語であるわけですが、そのリューのために、もう一人の主人公グラン・パが歌う詩にグッときましたのでご紹介。以下は萩尾望都さんの作品からの引用です。

 

古い古い歌が
だれがつくったのかわからないくらい古い歌が
それをつくった人のことも 歌った人のことも すべて忘れさられ消えさっても
その歌は残っているように
幾世代過ぎても 想いはともに時をこえ 歌いつがれ歌いつがれて
そこに残っているように
そんなふうに 命の消えぬ限り 時の消えぬ限り
いや もし なにもかもが失われ消えても
果てぬ闇の底に想いだけは残るのだ
時の流れに 星ぼしの輝きの下に また幾千の命の中を
どこまでもどこまでもかけてゆくのだおまえの
想いは

 

萩尾さんの「アメリカン・パイ」は1976年に発表されています。「ポーの一族」が1972~76年、「トーマの心臓」が1974年、「百億の昼と千億の夜」が1977~78年。萩尾さんの第一次全盛期の作品のひとつですね。この方、今でも第一線で活躍している、才能の枯渇ということを知らない恐るべき方であります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガンダム展

”GUNDAM 来たるべき未来のために”

行ってまいりました。上野の森美術館で開催中のガンダム展!

日曜の3時頃でしたが会場前に列ができており、最後尾看板を持った係の男の子に「これはガンダム展の列?」と思わず確認してしまいました。

gundam01

ファースト・ガンダムが放映されたとき、僕は高校3年生でした。当時「ラス・ギタルラス」というクラブの部長だった僕は、「職権を濫用して放映日のクラブ活動を休みにした」と今でも非難されているのですが、ネットで調べた限りでは放映は土曜日だったことになっております。

授業日数法定内ギリギリという、お休みの多い高校だったので、土曜日に授業があったのかも疑わしいところではありますが(もう記憶がありません)、仮にあったとしたっていいじゃないですかねー。土曜日に部活なんかやらなくって。(笑)

gundam02

小5でトリトンをリアルタイムで見、中1で ヤマトをリアルタイムで見るために塾からすごい勢いで自転車とばして帰宅し、高3で ガンダムを(部活を休みにして?)見ていた僕は、いい時代をいい年齢で過ごせたと本気で思っているわけですが、まあ病気だと言われれば反論はしませんが、我が家の息子さん達には、

エヴァンゲリオンを全話ビデオに撮ってあり、いつでも見られる(何度も見ている)

ドラゴンボールのコミックス全巻を、頃合いを見てさげわたした(以来何度も読んでいる)

等の英才教育を施しております。はっはっは。

gundam03

会場限定販売のガンプラ(写真の赤い台の上のと同じものか?)を購入し、小3の息子が組立中。できあがりが楽しみです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プルートウ

浦沢直樹の「PLUTO」が鉄腕アトム「地上最大のロボットの巻」のリメイクだって!?

新聞の記事でようやく知って、「PLUTO」1~2巻を手に入れて読みました

「地上最大のロボットの巻」はコミックスにすれば1巻程度の長さですが、
浦沢版では2巻終了時点でまだ3人目、ブランドが倒されたところまで。

プルートウの使命は世界でいちばん強い7人のロボット、
モンブラン、ノース2号、ブランド、ゲジヒト、ヘラクレス、エプシロン、
アトムを倒すことだから、物語はまだまだ続くのでしょう。

原作は、家にあったB5判くらいの大きさのコミックスを繰り返し読んでいたのでよく覚えています。
エプシロンがやられるシーンなんて、あまりにも切なくて正視に耐えなかったですよ。

彼らを残酷に破壊していくプルートウが、
実は悪いやつではないというのも子供心に印象的でした。

子どもの頃に読んだものって、長い話だと思っていたのものが、
今読むとひどく短く感じられたりしますね。
ひとつのシーンに多量の想像を働かせているのでしょうか。
浦沢版はエピソードを補完して、心の中の長さに現在値を合わせているように思えます。

ノース2号の出番なんて原作ではほんの数ページのところ、
PLUTOでは「そういう話はなかったよなあ」というエピソードが続きますが、
そのおかげで戦闘シーンがかつてと同じ痛みをもつのかも知れません。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

ケロロ軍曹

2ndシーズンに突入したケロロ軍曹。

おとなのファンからは

「金曜6時なんかにされちゃ見れねーよ」

と非難ごうごうですが、
僕は小3の息子を録画係に任命することでしのいでおります。

HDレコーダーを買えばよいという気もするけど、
本人も使命感に燃えていて教育上よろしい。

第1回は「ケロロ 再び大地に立つ」。

冒頭、サイド7に侵入するジオン兵をパロって笑わせてくれます。

しかし渡辺久美子さん、タイトル「大地立つ」って読んでないですか?(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)