コンピュータ・オーディオ?

ラシーの静かなハードディスクは容量300GB。圧縮なしのAIFF(アイフ)フォーマットでCDを160GBくらいコピーして、ランダムサーチで聴いている。LPやSACDはそのままではコピーできないので、「CDってなんて便利なんだ」などと思う。コピーしているのは今のところほとんど歌モノだけだけど、そのうちジャンルを広げるかも知れない。

わざわざCDをプレーヤーにかけてまで聴こうと思わない曲も、こうしていると自然に聴くことになる。これまで聴いてきた音楽を振り返るにはよい方法だ。懐かしい曲もあるし、記憶になく新鮮に聴ける曲もある。

聴いた曲名はmixiにアップロードされる。
「この曲なんだっけ?」と思ったときは、リスニングポイントからPCトランスポートまで見に行かなくても、目の前にある別のPCを見ればよい。わずか数メートル先の、自分の部屋にあるPCトランスポートが演奏している曲名を、インターネット経由で、NTTフレッツやらNIFTYやらmixiやら、その間の通信経路やらを経由して見ているわけだ。

2006年に普通の家庭でそんなことをしているとは、サイエンスフィクションですら予想していなかったことだ。
マイクロコンピュータと通信の進歩は、誰も考えていなかったところまで僕たちを連れてきている。ソフトウェアの進歩は予測より遅いのだけれど(ソフトウェアの難しさを十分には認識していなかったからだ)、ハードウェアの進歩と「大勢の参加」による相乗効果は予測を越えていた。

CD、あるいはSACDのクオリティでネットから音楽をダウンロードできるようになれば、ディスクのように物理的な形態をもったパッケージソフトは要らなくなるかも知れない。そのときは日本盤や輸入盤の区別もなくなるのだろうか。それともダウンロードできる単位は今のアルバムやシングルCDと同じようにパッケージになっていて、日本のサイトだと値段が高い代わりにボーナストラックや歌詞データが付いていたりするのだろうか。

128kbpsでしか音楽が供給されなくなるような未来なら要らないけど、そんなことはないだろうと楽観している。よい音で音楽を聴けないと生きていけない人間はたくさんおり、それはネット時代になっても変わらないのだ。いや、たぶん。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FireWire Audiophile

PCトランスポートもこれで一段落。

PCからのIEEE1394(FireWire)出力をM-AUDIOのオーディオインターフェース"FireWire Audiophile"でS/PDIFに変換、同軸でwadia860のDACに入れる形にしました。御田さん、いろいろとご教示ありがとうございます。

Maudio

CDプレーヤーソフトは"Lilith"を使用。

AppleのiTunesを使うと、いつ何を聴いたかmixiにアップロードして統計を取れたりするのが面白いので、Lilithとどちらを使うかは悩ましいところ。

Lilith

次は静かな外付けHDDが欲しいなどと思っているのが、一段落し切っていないところではありますが。(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プレクスターCDドライブ

PCトランスポート実験にいそしむ今日この頃。情報が入るとついつい追試してしまいます。(笑)

たいていのPCドライブは演奏中の動作音が大きいのが難点ですが、PLEXTORのCDドライブ"PlexWriter Premium2"はサイレントモードで4倍速に設定すればほとんど無音になります。トレイの開閉スピードとTOCの読み出しスピードも制御できる。今どきDVDドライブ兼用ではなくCD専用というのも凄いですね。メーカーとしての矜持を感じます。
"Premium2"は内蔵型なので、別に用意した箱に入れて使っていますが、外付けタイプもぜひ作って欲しいなあ。

Plextor1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウィーン弦楽四重奏団などなど

5月25日、ウィーン弦楽四重奏団を聴きに王子ホールへ。オール・モーツァルト・プログラムです。もう今年は、とことんモーツァルト。身体に直接響くような美しいアンサンブルを堪能しました。

 

翌々日の土曜日はshuksさんのところでルビジウムクロックを聴かせていただきました。デジタルオーディオについてはこのところ考える機会が多いのですが、ルビジウムクロックのようにいかにもデジタルの極致と思われるものが相手にするのは、連続性の切れない「時間」というアナログ量なのですね。

デジタルは数や量を有限桁数の数値で表現する方式ですが、そこに時間を持ち込んだら、有限桁数では表現できないアナログです。コンピュータで扱うデータは時間と切り離されていることが大きな特徴で、それゆえに一旦データ化してしまえば、その状態をいつまでもどこまでもキープすることが可能です。データ化のされ方が正しいかどうかは別の問題として、データ化された結果について、コンピュータデータは常に「正しい」状態を再現できるものです。

ところが音楽情報の場合はデータの中にアナログ量の「時間」を内包しているので、デジタルデータの形をとっているけれど、絶対的に「正しい」状態は存在しないものになっています。オーディオでは、もっぱらデジタルデータを扱っている箇所でも、妙にアナログ的なコトが起こって僕らはよく驚かされますが、こういうこともその要素のひとつのようです。

 

その後shuksさんと一緒にダイナ厚木店長のイベントへ。カウント・ベイシー・オーケストラの新譜「Basie is Back」を全曲聴かせていただきました。素晴らしい演奏です。ジャケットも手が込んだ作りで美しく、ていねいに丁寧に作られたことが伝わってきます。お勧めです。こちらは、できればLPで。

Basieisback1

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光にしてみましたが

インターネットへの接続を光にしました。

 

これまで使っていたADSL12Mは、最初の頃は実効速度で6Mbpsくらい出ていたのですが、だんだん遅くなって最近は2M程度でした。光ではこれが20Mくらいになったので、10倍のスピードです。

 

でも、体感速度はほとんど変わりません。(笑)

 

おかしいなあ。6MBが2MBまで落ちてきたときは体感で差があったんだけど。

最近はブログのおかげで「サーバが混んでいてもの凄くレスポンスが悪い」状態に慣らされてしまったので、少しくらいの違いは分からなくなっているのだろうか。


 

初期のインターネットは、回線は遅いわサーバは遅いわでレスポンスが悪かった訳ですが、急速に改善されて、Webで静的なコンテンツを表示するだけなら普通はほとんどストレスを感じないくらいまでになりました。

 

でもインフラが速くなれば、それを前提にした重たいシステムが現れるのが世の常です。

ブログもそれ。


 

「ユーザーからのリクエストに応じた結果をその場で作って返す」プログラミングに慣れたシステマーたちが、ついついそれと同じことをWebでやってしまったので、初期のWebシステムはサーバにとってけっこう重たいものでした。
それではいかんということで、その後、「コンテンツが更新されたら、閲覧に必要なHTMLをその時に全部作ってしまう。それによって、閲覧されるときはあらかじめ用意された(つまり静的な)HTMLを渡すだけでよい」という方式を採るようになります。閲覧者からの参照よりも、コンテンツの更新の方が普通は回数がかなり少ないので、サーバはこれでずいぶんラクになるわけです。検索など、結果が毎回変わるものはそうはいきませんが、「静的にやれるものは静的にやる」のはよいことです。


ブログも一応、閲覧者からの参照リクエストに対して静的コンテンツを返すというところはよいのですね。これは記事を投稿したときに、トップページに加え、「記事別」「月別」「カテゴリー別」などのHTMLを一気に作りかえてしまうことで実現しています。


でも、この「投稿したときの処理」がけっこう重いので、ブログを持つ人が急増した今はサーバにとってつらい状態になっています。さらに投稿だけでなく、閲覧者がコメントしたときやトラックバックが来たときも同様のことをしなければならないのも厳しいところ。livedoorさんはそれを軽減するため、コメント数やトラックバック数をリアルタイムではトップページの記事に反映させないようにしているみたいですね。もちろんブログが世の中に認知されて、閲覧数が急増していることも大きな負荷になっています。


 

そういうわけで、僕たちはブロードバンドにしてからしばらく忘れていた「もの凄くレスポンスが悪い」状態をブログでまた味わっているのですが、こういうのはいずれ時間が解決するので、あたたかい目で見てあげましょう。


まーでもさんざん待たされたあげく、画面が出ても更新してないとか、内容がつまらないとか、その辺はこのブログの固有の問題として申し訳なく思っておりまーす m(_ _)m

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページも……

ホームページも引っ越しました m(_ _)m

新しいURLは、

http://www.ninzaburou.halfmoon.jp/

であります。

 



レンタルサーバも安くなったものですねー。

今回お借りしたのは、300MBでたったの1,500円(年間)。

僕のホームページなんて全体で12MBくらい(笑)しかありませんから、

こんなにたくさんいらない

のですが、

この会社ではこれがいちばん容量の小さいプランだったので。

今や、レンタルサーバ比較の基準はディスク容量から、
機能や性能の価格比に移っているのですね。

 



ところで僕が今まで使っていたのはOCNのサービスで、
こちらは10MBまでが無料、
以降5MB増量ごとに月210円がかかる仕組み。

微妙に10MBを超えていたので15MBで契約していましたが、

そっちの方が高かった

ということですね。300MBよりも。



レンタルサーバは機能的にも充実していますから、

もはやプロバイダの付属サービスではたちうちできない

領域になってしまったということでしょう。
個人利用であっても。

 



ホームページのデータは全てPCソフトで管理しているので、

移行は新サーバに一括アップロードしただけ

で済みました。

この辺はブログよりもカンタン。



ブログはサーバ側の作り込みがあるからなかなかこうはならないだろうけど、

デファクトスタンダードのブログ管理PCソフト

ができれば、みんなそれには対応するだろうから、

早くそういうものが出てきて欲しいですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログを引っ越し

ココログに引っ越しました。(笑)


いや、あっちこっちと申し訳ありません。


ひらにお詫び申しあげます m(_ _)m


しかしこの、便利なもので、
LIVEDOORのブログからココログにコンテンツを移行できてしまうんですねぇ。
いただいたコメントなども全部。

たいしたもんだ。

手修正が必要だったのは、

  1. 写真は元のまま、LIVEDOORのファイルを見に行ってしまうので、貼り付け直した。(LIVEDOORに写真を残しておくのであれば、そのままでもよい)
  2. トラックバックの引用に、なぜか同じ記事のコメント文がくっついてしまったので修正。
    ココログの場合、トラックバックの修正機能がないので、仕方ないからバックアップファイルをエディタで修正してリロードした。めんど。

の2点だけでした。

ココログとLIVEDOORでは機能もかなり違うので、
似たような雰囲気にするためにいろいろ調べるのも面白かったです。

まあしかし、ブログの機能調査はもーこのくらいでいいな。

これからは記事の充実に専念いたします。(笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログっていうのもなかなか

「ホームページを作るのはたいへんですが、
ブログなら誰でも簡単にインターネットで発信できます」 と言うが、

そうか?ホームページ作る方が簡単じゃないか?

という気もします。

少しでも自分の好みに近づけようとすると、ということですけど。

このlivedoorのブログを選んだのは、けっこう自由度が高そうだったから。

まあ、そんなにたいしたことはやらないんですが、
工夫すれば何とかなるっていうのがあるのは、有り難いことです。

 

……と書きつつ、その後ココログに移行しております。(追記)

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)